正しい食事療法を知ろう|糖尿病は食事で予防する

介護
このエントリーをはてなブックマークに追加

血糖値を適正にします

食事

運動も大切です

糖尿病の治療は、食事、運動による治療がメインになります。これらを工夫することで、血糖値がコントロールできるようになり、通常の社会生活を送ることができるようになります。食事による治療は、まず体重をもとにして、1日に必要なエネルギー量を計算します。この量を超えないように食事を摂ります。運動による治療は、無理なく続けられる運動を選択します。なかでも、散歩やウォーキング、水泳などが有効です。また、これらの治療で改善しない場合は、薬物による治療を行うこともあります。医師の判断のもと、血糖降下薬が処方されます。その他、注射による方法もあります。これはインスリン注射とよばれ、自分で皮下注射をします。病院できちんと指導を受けて、適切に注射できるようにします。

継続できることが大切です

糖尿病は、体に取り入れたエネルギー量が消費するエネルギー量よりも多いとき、または、逆の、消費するエネルギー量が取り入れたエネルギー量よりも多いときに発症します。そのため、糖尿病の治療には、食事と運動がかかせません。食事は、ただ制限するだけでは治療になりません。栄養のバランスも考えて、無理をしなくても続けられるような食事を摂ることが大切です。例えば、糖尿病の食事は量が少ないと感じるようであれば、こんにゃくやきのこなど、エネルギー量の少ない食材を使ってボリュームをつける工夫をすることができます。また、甘いものが食べたいと思ったら、チョコレートやようかんなどのお菓子ではなく、みかんやりんごといった果物などは適量であれば食べることができます。